三国遺址探訪:三国志遺跡をおもいっきり巡る旅にでよう!
ホーム遺址探訪遺址地図資料室書籍紹介掲示板リンク
更新:2015年11月28日
資料室
◆注意事項◆
 ネット上の情報を元にした、備忘録です。実地調査していないものは、実際に存在するかどうかわかりません。もし何か情報があれば教えていただけると嬉しいです。

◆遺跡情報◆  未整理資料保管室。協力者にのみ公開。
入室認証

◆通志・県志◆  各通志、県志に記載の三国関連遺跡。
入室認証


河北省
◆趙雲故里 临城县临城镇澄底村
 ここでも始まった本物闘争。2005年に「漢順平侯趙雲故里」の石碑が出土している。村西にある趙雲墓は到達。

◆黄巾軍寨遺址 内丘县南赛乡寺沟村
 もしかしたらテーマパーク化している。邢台汽車西站からのバスはない。

◆張郃墓 河间市卧佛堂镇张侯村
 鎮東北5.2km。たぶんすでに消滅。故里。


山西省
◆張飛廟 阳泉市郊区荫营镇上千亩坪村
 まだ修復されていない。蔭営鎮林里村の関王廟は健在。

◆馬超藏兵洞 平顺县北耽车乡实会村
 観光地化されているような感じ。

◆三義廟 稷山县太阳乡
 小さな三義廟、劉備、関羽、張飛の像あり。

◆呂布故里 定襄县南王乡中霍村
 詳細不明。呂布池があるらしい。そこで赤兔馬を捕らえたという伝説。

◇許褚墓 襄汾县襄陵镇许留村
 実地調査済み。村人によると、伝説はあるが実際の墓の位置は不明とのこと。


内蒙古自治区
◆呂布故里 包头市九原区麻池镇古城村
 呂布像がある。

◆呂布故里 五原县隆兴昌镇
 呂布像がある。


上海市
◆黄蓋墓 上海市松江区
 民国時代に滬杭鉄路を敷設中に発見される。

◇陸遜墓碑 上海市浦东新区唐镇王港
 実地調査済み。王港鎮の旧政府院内に墓碑「1933年顧廷楨立、東呉輔国大将陸遜古墓」が残されていたが、現在行方不明。旧政府院は新雅路268号。

◆諸葛瑾墓碑 上海市奉贤区金汇镇泰日
 旧泰日鎮西、公路東側。「宛陵侯諸葛瑾墓,中華民国□三年,奉賢第六区公所謹立」の碑があった。実際、墓は元代末から明代初期の朱氏墓群。


江蘇省
◇甘寧墓 南京市栖霞区临江街
 実地調査済み。燕子磯あたり。消滅したか。2000年頃までは見かけたという中国人の情報あり。

◆上坊東呉墓 南京市江宁区东山街道
 孫家墳。2005年末から発掘調査された。孫浩の墓ではないかとされる。

◆神亭之戦遺址 金坛市薛埠镇神亭村
 孫策と太史慈が戦った場所。たぶん今は何もない。

◇闞澤府第遺址 苏州市吴中区金庭镇横山村支罗湾
 実地調査済み。呉太傅闞澤の府第があった場所。府第が盤龍寺となった。盤龍寺は辛うじて残っているが、ボロボロ。府第の面影や闞澤関連のモノはまったくない。市バス69路に乗り「西山鎮政府」で下車。市バス693路に乗り換え「東湾」で下車、徒歩で横山島へ渡る。

◇闞澤墓 苏州市吴中区金庭镇蒋东村蒋家巷
 実地調査済み。鳳凰山禹期峰麓文化寺の傍ら。清光緒十一年、暴式昭「呉太子太傅闞公之墓」の碑があった。禹期峰は採石で消滅。文化寺も消滅。闞澤墓も消滅したっぽい。闞澤墓碑は文化砂場の文化港という水路に沈んでいる。墓は金村の入口あたりにあったらしい。中国ネット情報では、墓は残っているとなっていたが。残念。碑の拓本は、暴式昭記念館にて展示されている。

◆陸績墓 苏州市虎丘区东渚镇宝山村
 宝山麓。宝山、またの名を陽抱山。「鬱林太守陸績之墓」の石碑があったらしい。

◆呉王宮遺址 苏州市吴中区金庭镇
 詳細不明。

◆呂岱墓 如皋市林梓镇
 1979年に発見。すでに消滅。河の底。呂岱墓巷という名の通りだけが残っているらしい。

◆王朗墓 连云港市新浦区花果山乡
 たぶんもうない。郷政府院内が跡地らしい。

◆桓王亭 镇江市京口区学府路
 孫策が刺客に襲われた場所。汝山。公園になっている。江蘇大学大門向かい。

◆孫策墓 镇江市润州区官塘桥镇孙家湾村
 孫家墓地。山上に孫策墓があったらしい。

◆孫鐘墓 丹阳市司徒镇
 司徒鎮光明中路北300mの三仙墩。

◆孫鐘灌瓜井 丹阳市司徒镇
 孫鐘が瓜の栽培で使っていた井戸。白鶴山。不明だった井戸口の石は発見回収されている。

◇韋昭墓 丹阳市延陵镇彪塘村九女墩
 実地調査済み。韋氏村民が墓碑亭を作ったが、他の村民の反対活動に遭い撤去。九女墩は東周代の大きな塚。


浙江省
◆程普墓 杭州市富阳区新桐乡程坟村
 詳細不明。

◆九刀廟 杭州市上城区西湖大道198号九刀庙巷
 関羽とその部将である関平、周倉、王甫、趙累、廖化、伊籍、馮斗、程畿の9人を祀った廟があった。現在は九刀廟巷の名前が残るだけ。

◆陸績廟 平湖市乍浦镇劉家埭
 懐桔庵。2004年に文物保護単位となっている。ボロボロとなって民家になっている。2012年頃、文物碑が設置されたらしい。

◆糜相公廟 桐乡市高桥镇永安村
 糜竺を祭った廟。近年再建されたらしい。

◆太史慈墓 湖州市吴兴区白雀乡太史湾村
 「石柱記」「烏程県誌」「呉興誌」などに記載がある。今はもうないか。

◆東呉墓 台州市路桥区螺洋街道南山村
 赤烏八年(西暦245年)の年号が刻まれた煉瓦が出土。


安徽省
◆曹操安城 庐江县金牛镇
 詳細不明。

◆小喬墓 庐江县庐城镇
 瑜婆墩。2001年に県級文物保護単位に指定さているが、消滅している。

◆左慈釣魚台 庐江县庐城镇马厂村
 詳細不明。

◆小喬墓 南陵县籍山镇
 文革によって破壊された。「東呉大都督周公徳配喬夫人之墓」の石碑は南陵県文化館にて保管されている。

◆陶謙墓 马鞍山市博望区丹阳镇
 詳細不明。鎮北。

◆喬公墓 潜山县梅城镇
 二喬の父の墓。地図には載っていたが、ない。公園を整備して再生する計画はあるらしい。

◆陶謙墓 萧县庄里乡陶墟村
 詳細不明。陶墟山あたり。

◆荀彧墓碑 寿县寿春镇
 民国時代の墓碑が出土している。博物館倉庫内にて保管されているが、公開されていない。

◇義門寺遺址 亳州市谯城区沙土镇孔庄村
 実地調査済み。地元民によると亀趺などが残っていたらしいが何も見あたらず。亳州汽車南站から沙土行きに乗り、孔庄下車。

◆張桓侯廟 亳州市谯城区花戏楼街道
 花戯楼景区内にある小さな張飛廟。訪れたような記憶がある。

◆魯粛墓 泾县茂林镇唐里村浦口桥
 浦口橋向かいの山上で魯粛墓が発見され、石馬などが出土したらしい。


江西省
◆黄蓋墓 南昌县麻丘镇
 詳細不明。瑶湖東の黄蓋嘴と呼ばれる地名。呂蒙墓の西2.5km。南昌県志に記載あり。

◆周瑜墓 南昌县麻丘镇长江村
 瑶湖畔。通常は湖に沈んでいる。11月頃の渇水時に現れることもあるらしい。南昌県志には「俗伝。不應葬此」と書かれている。


山東省
◆夏侯惇墓 平原县王杲铺镇杨诗庄村
 村の西北、夏家墳。1999年公布、平原県文物保護単位。塚は残っていないか。

◆孔融祠 潍坊市奎文区胡家牌坊街
 十笏園内。2013年10月末現在、工事中で関侯廟とともにまだ開放されていない。

◆徐幹墓 潍坊市寒亭区朱里镇会泉庄村
 村の東南500mの博士塚。文革で平らになった。民国二十一年四月の「漢徐幹墓」の石碑は寒亭区文物保管所に納められている。建安七子の一人。

◆管寧墓 安丘市管公镇老管公村
 村の東南に塚が残る。開封太郎さん情報。

◆王裒墓 昌乐县阿陀镇王裒院村
 王修の孫、魏孝子。

◆太史慈故里 龙口市诸由观镇羊沟营村
 1920年代に子孫を名乗る人物が「太史慈故里」の石碑を村へ移すが、文革で破壊された。

◆王朗墓 郯城县港上镇
 詳細不明。

◆王粲墓 济宁市任城区喻屯镇城南张村
 村の南500m。出土した漢画石板は済寧市漢画石像博物館に納められた。1981年公布、市重点文物保護単位。現在は何も残っていない。

◆呂布点将台 邹城市看庄镇东柳下邑村
 村の東北、普陽山東面山麓。市重点文物保護単位。

◆諸葛武侯先塋 临沂市兰山区李官镇
 諸葛亮の祖先の墓。茶山の東麓。文革で消滅したらしい。

◇双廟三義殿 泰安市岱岳区徂徕镇许家庄村
 実地調査済み。文革で消滅。殿内に劉備、関羽、張飛の像があった。


河南省
◇文醜墓 巩义市鲁庄镇四合村
 実地調査済み。すでに平らになったとのこと。何も残っていない。村人は知っている。

◆魏函谷関 灵宝市函谷关镇孟村
 秦函谷関の北約5km。関跡は三門峡ダムに沈む。烽火台が残っている。

◆楊修墓 灵宝市豫灵镇杨家村
 村の北。重点文物保護単位。楊氏祖塋か。

◆公孫瓚藏甲処 陕县西李村乡陡沟村
 熊耳山景区、空相寺境内。

◇司馬懿墓 洛阳市瀍河回族区北盟路
 実地調査済み。北関村。誤って司馬懿墓と言われていた。北魏大尉、河清王元懌の陵墓。俗称は青菜塚。地元民も「司馬懿墓じゃないよ」と言っていた。

◆魏文帝首陽陵 偃师市城关镇
 曹丕の陵墓。邙嶺郷牛庄新村の東辺り。石碑などは全くないようである。

◆劉禅墓 孟津县平乐镇翟泉村
 1960年代までは塚が残っていたらしいが、今は平らになったらしい。

◆顔良墓碑 浚县城关镇
 墓はすでに消滅。「漢将軍顔良之墓」の碑は浚県博物館に収蔵。博物館は浮丘山碧霞宮にある。

◆曹操点将台 宁陵县黄岗乡己吾城村
 董卓討伐時に決起した場所。

◆典韋墓 宁陵县黄岗乡己吾城村
 詳細不明。

◆蒋幹墓 许昌市魏都区东城墙街
 墓はもうない。

◇蔡邕墓碑 禹州市花石乡白沙村
 実地調査済み。墓はもうない。碑は楊姓の人民が保管。しかし楊姓の人が多く、誰が持っているかわからない。

◇司馬徽墓 禹州市褚河乡余王村潘庄
 実地調査済み。墓碑は埋められて保管されているが、墓自体はすでに消滅済み。村人は具体的な場所を知っている。開封太郎さん同行。

◇文醜墓 禹州市鸿畅镇寨子贾村
 実地調査済み。村の南側にあったが、すでに消滅。文醜廟から南へ約250mのところ。村人はだいたい知っている。開封太郎さん同行。

◇司馬懿墓 长葛市南席镇马台村
 実地調査済み。墓は30年ほど前に平らに。現在は何も残っていない。村人は知っている。開封太郎さん同行。

◇鄧艾廟 许昌县张潘镇板凳张村
 実地調査済み。学校を新しくしたときに取り壊してしまった。

◆賈詡墓 许昌县向集镇岗朱村
 何も残っていない。ネット上の写真は偽物。墓碑は許昌博物館内にあるらしい。情報提供は開封太郎さん。

◇毛丞相墓 许昌县五女店镇毛王村
 実地調査済み。毛玠の墓。墓は盗掘され、跡形もない。碑も何も残っていない。許昌汽車東站から204路丁集行き、毛王下車。

◆望田台 鄢陵县望田镇
 曹操が屯田している田を見た場所。もう何もないとのこと。開封太郎さん情報。

◆曹操割髪代首処 襄城县
 詳細不明。許昌の地図には載っている。

◆賈逵墓 沈丘县
 詳細不明。実は華佗塚が賈逵墓らしい。

◆典韋墓 南阳市卧龙区潦河镇
 詳細不明。


湖北省
◆白馬塚 武汉市洪山区
 魯粛の騎乗していた白馬の塚。東湖北部。現在は残っていない。

◆彤雲閣曹操廟 武汉市
 赤壁之戦時に曹操が閣内にて寄宿したとされる。その後、曹操廟となった。現在は残っていない。

◆呉主廟 武汉市洪山区
 東湖北部。現在は残っていない。

◆劉表墓 襄陽市襄城区東街
 襄城区東街の新華書店の場所に墓があった。

◆王粲井 襄陽市襄城区
 万山。主峰から西北に延びている尾根崖上の平坦地東30mあたり。場所が非常にわかりにくいが、跡だけは残っている。

◆陸遜試剣石 赤壁市
 開封太郎さん情報。陸水湖南側の雪峰山風景区内。試剣石系はちょっと。

◇呂岱墓 嘉鱼县陆溪镇龙潭脑村
 実地調査済み。誰も知らない。張家山。

◇落帽台 荆州市荆州区八岭山镇
 実地調査済み。以前「落帽台」の文物碑が有ったが今はない。関羽が冠り物を落とした場所。

◇荆州武侯祠 荆州市沙市区公园路
 実地調査済み。1900年代初期に中山公園内に移設されたが、現在は残っていない。

◇張飛一担土 荆州市荆州区東環路
 実地調査済み。公園として整備されたが、それと連想させるものがない。せめて張飛像か文物碑でもあれば。

◇猇亭古碑 宜昌市猇亭区金猇路
 実地調査済み。猇亭輪渡飯店旅社の前にあった石碑。すでに行方不明。いったいどこへ。


湖南省
◆邵阳武侯庙 邵阳市双清区双清路
 双清公園内。現在は関聖殿などに流用されている。

◆子龍庵 安乡县安猷乡子龙庵村
 詳細不明。

◆諸葛井 会同县团河镇
 詳細不明。

◆諸葛橋 靖州苗族侗族自治县太阳坪乡
 貫堡坡の古道上。南征時に一夜にして石橋を造った。


広東省
◆里神前武侯廟 珠海市香洲区香湾街道神前村里神前
 建物だけが残っているらしい。

◇張家辺武侯廟 中山市东区街道张家边二村
 実地調査済み。武侯廟が多い中山。ここの武侯廟の建物は供銷社として利用されているらしく、見あたらなかった。


広西壮族自治区
◆霊川武侯祠 灵川县灵川镇甘棠村
 武侯祠があったが、すでに消滅したらしい。

重慶市
◆張飛廟 石柱土家族自治县西沱镇老云梯街
 現在、張飛像は無いが、正殿、后殿、壁画などは残っているらしい。写真館として使われているとか。

四川省
◇張飛衣冠墓 成都市武侯区桓侯巷
 実地調査済み。成漢墓。1985年の調査で、南北朝成漢代の墓と判明。「漢張夫子衣冠墓」の碑があるが、経年劣化で表面が剥落し文字はない。塚は修復された。桓侯巷2号の華西国際という建物向かいの公園内。後ろは四川大学華西一院住院部。

◆張爺廟 邛崃市临邛镇南街
 張飛を祀った廟。張飛像が残っている可能性あり。

◆孔明鍛造兵器処 郫县唐昌镇横山村
 横山子。孔明が兵器を造り、兵を訓練した場所とされる。何も残っていないか。

◆趙雲祠墓 大邑县晋原镇锦屏村
 再生復活工事中。2011年6月頃に元の場所にて竣工予定。工事が中断して、いつ開放されるかはわからない。

◆鄧芝墓 广汉市向阳镇胜利村
 詳細不明。たぶん消滅。

◆孔明廟 梓潼县卧龙镇
 詳細不明。響水河の傍ら。

◆李厳墓 梓潼县长卿镇
 詳細不明。

◇三義宮 梓潼县观义镇
 実地調査済み。消滅した。地元人民もまったく知らず。劉備、関羽、張飛の像があったらしい。

◆瓦口隘 阆中市文成镇土城村九组
 瓦口関。1980年代に消滅。もと雲台郷土城村九組の双山崖。

◆龐坡洞 夹江县木城镇新农村
 龐徳公が隠居したとされる場所。洞窟の入口に「龐坡洞天」と刻まれている。摩崖造像。

◆桓侯宮 自贡市自流井区中华路
 張飛を祀った。現在は張飛像などはない。

◇瀘州武侯祠 泸州市江阳区
 実地調査済み。消滅。忠山山上。1982年10月に発掘が行われ、文臣武将石像が120体あまり出土している。

◇春秋祠 叙永县叙永镇陕西街32号
 実地調査済み。陝西会館。建物は残っているが肝心の関羽像がない。全国重点文物保護単位。叙永汽車客運站から西へ約1km。

◇黄祖墓 南江县沙河镇联盟村
 実地調査済み。「江夏黄祖之墓」の碑があるらしい。なぜこんなところに墓があるのかが不明。ここへ移住して来た江夏黄氏の墓かもしれない。現地で聞き込みしたが、知っている人はいない。


雲南省
◆玉渓武侯祠 玉溪市红塔区
 消滅。

◆古盤蛇谷 保山市隆阳区蒲缥镇打板箐
 怒江東側。孔明が南蛮藤甲兵を焼いた場所。

◇呂凱墓 保山市隆阳区金鸡乡郑官村小板桥
 実地調査済み。金鶏村西南2km。レンガ造り。すでに消滅か。地元民も知らない人ばかり。

◇呂公祠 保山市隆阳区金鸡乡金鸡村
 実地調査済み。挿戟石のすぐ近く。共和国成立時には、大殿が残っていたらしい。現在、地元民はすでに無くなったと言う。

◆洗馬河 普洱市思芽区
 孔明が南征時にここで馬を洗ったとされる場所。市内、洗馬河公園内。孔明像などあり。

◆諸葛武侯祠 楚雄彝族自治州姚安县栋川镇清河村黄连箐
 唐代創建、明嘉靖年間再建。すでに存在しないか。


陝西省
◆三義廟 周至县沙梁子乡
 黒河国家森林公園内。廟は廃れているが、建物は残っているようだ。

◆夏侯惇墓 兴平市庄头镇吴家村
 村の北に大きな塚があったが消滅。出土品は多数あったようだが、売られてしまったとか。

◆城固武侯祠 城固县博望镇西城巷
 建物だけは残っているらしい。

◇漢封寺 勉县同沟寺镇联丰村
 実地調査済み。呂義、楊儀と関係あるらしいが、南宋の将軍楊従儀が祀られているだけだった。8路バスで聯豊村路口下車。開封太郎さん情報。

◆張魯義女墓 勉县镇川乡红庙梁村
 詳細不明。

◆呂布廟 绥德县张家砭乡丁家沟村
 小さな廟。呂布と厳氏の像がある。開封太郎さん情報。


甘粛省
◆張繍墓 靖远县乌兰镇
 詳細不明。開封太郎さん情報。

◇張郃墓 天水市秦州区牡丹镇王家铺村
 実地調査済み。張郃坪上。木門道武侯祠の管理人の話で、すでに消滅。

◆曹操堡 天水市秦州区皂郊镇
 詳細不明。他にも張遼堡や徐庶堡があるらしい。

◆貂蝉故里 临洮县衙下集镇潘家集村
 詳細不明。

◆貂蝉故里 康乐县胭脂镇
 詳細不明。


©2005-2016 Kanoda Yoshihito. All rights reserved.